World is 峰-mine-

nitroblog.exblog.jp

<   2018年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『最遊記歌劇伝-異聞-』感想

f0090822_03080286.jpg
舞台『最遊記歌劇伝-異聞-』ご無事の終幕、お疲れ様でした。

激しいアクションが盛り沢山だった今回の舞台、大きな事故やお怪我もなく完走して頂けたようで本当によかったです。
ヒトコトで言ってめちゃくちゃ好きな作品です。どこがどう好きかは後でアホみたいに語るのでとりあえず。

今回の舞台内容は平たく言うと『最遊記異聞 feat.月闇』って感じです。最遊記とはいえ御存知の通り三蔵一行は出て来ません。歌劇伝シリーズとしても、光明・烏哭・待覚以外のキャラクターは今回ほぼ初参戦のフレッシュな役者さん達で構成されています。その若いパワーを限界まで絞り出して頂いた、アツくてコミカルで元気になれる一作です。
原作の異聞のノリが好きだなって思って下さる方、または月闇コンビをこじらせた特殊な方、あるいは汗だくで闘う男子達の青春群像がお好きな方には、ぜひぜひ観て頂きたいなと。
あと読者さんから「キャストにカーネル(宗迅)がいないのは何故か」というお声もございましたが、ちゃんとカーネルも存在する世界線ですのでご安心下さい、とだけ(笑)。

現在『楽天TV』にて、9月6日昼夜公演の生放送映像をアンコール配信中(10月31日まで)
コチラから→【楽天TV】『最遊記歌劇伝-異聞-』アンコール配信 ※楽天TVではこれまでの歌劇伝動画も配信中です。

また『最遊記歌劇伝-異聞-』DVDの発売も決定しております。詳細は随時、歌劇伝さんの公式Twitterまたは公式サイトにてご確認下さい。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

今まで歌劇伝シリーズには『原作者は最低限しか手を出さない、出来上がったものを看て愉しむ!』というスタンスを貫いて来たのですが(餅は餅屋だと思うので)、今回は原作素材がコミックス1冊分のみとあまりに少ない事や、光明&烏哭の原作では描かれていない時代のシーンが内容に含まれる事となった為、初めてちょっとだけ制作段階から絡ませて頂いてました。稽古場撮影動画も拝見したり、公演前に顔合わせさせて頂いたり(これは最遊記原画展の会場のすぐ側が稽古場だったのでたまたまお邪魔できた)、作り上げられる過程をガッツリ目の当たりにして来た初めての舞台なので正直いつものような他人事じゃねぇな感が半端無かったです。ちょっと覗いただけでも相当ハードでまさに『修行』のような稽古を重ねてらしたので「無事に成功してくれ頼む!お客さん愉しんでくれるといいねぇ!」っていう祈るようなオヤゴコロがいつも以上に強く、その目線で感想書いたら私情が入り過ぎるのではという懸念があったのですが、でもまぁ思い入れがキモイのは毎度の事なのでいつも通り長いの書きます。できるだけいつも通りの観音ポジ目線で。

【※以下の感想は、劇場で観劇した9月8日夜公演と、楽天TVにて配信中の9月6日昼&夜公演分を主なベースとしております。ネタバレしかありませんのでご了承下さい
by nitro_mine | 2018-09-24 00:00 | 仕事関連レポート