World is 峰-mine-

nitroblog.exblog.jp

折り返し地点。

…息継ぎに出て来たり。半年近く前に書いた文と写真載せてみたり(忘レテタ)。
f0090822_1392210.jpg
 引っ越して1年、ようやく仕事場が片付いて来ました。写真は資料棚の一部。
 最上段右端は、久保田の“中華鍋”。コルトガバメント…と見せかけて、実はスプリングフィールドのガバメントモデルなのです。これは私なりの変なこだわりで(笑)奴にはあえてこっそりコピーモデルを持たせたかった故。
 最上段中央は、おなじみ三蔵のS&W-M10。こうやって並べるとほんとコンパクト(2インチだし…)。10年以上前から資料に使っているので、もう手垢まみれで酷い状態。なので、もう一丁見本用に追加したのが、右隣りのM-60(ステンレスボディだけど形はほぼM-10と同じ)。こちらは汚れにくくて助かる。
 その左隣りはガトちんのコルトビズリー。写真じゃ分かり辛いですが、作画にはやっかいな形をしています。普通のリボルバーと動作も形状も異なるので、ガンショップの店長にも「気難しい奴だよ」と渋く言われました(笑)。作中ではガトに合わせて、ひと回り大きめに設定してます。
 中段の中央、金色のが天界西方軍(主に捲簾)の銃・レミントンのニューモデルアーミー。バレル下がクチコのようですが(酷い例えだな)、ここを鳥の口みたいにパカッと開いてシリンダーをゴロッと取り出します。めんどくさい&無茶苦茶重い、持ちながら作画なんて無理(笑)。ボディも汚れ易いけど、小隊の制服に合わせてゴールドを選んじゃったのでした。
 その他、陣内のコルトパイソンやヤクザ屋さん達の銃etc。登場の多い物だけここに出してあります。滅多に描かない物や(アルカナ3の表紙で王子が持ってたエングローブ入りのSAAとか)、ほぼ趣味の物(ルパン系とか…)は普段シマイシマイしてます。
 基本的にそこまでのマニアではないので、漫画の中で(細部に渡って)それほど忠実に再現しようとは思ってません。でも描くのは大好きだし楽しいです。難しいけど。うまくなりたい。もっと銃と友達に!!(えー)
by nitro_mine | 2007-05-05 00:00 | 近況日常趣味嗜好