World is 峰-mine-

nitroblog.exblog.jp

カラー作画中。

f0090822_1257888.jpg向かって右は、買ってまだ数年目のコピックマーカー。
左は、もう10年以上使っている物。ニブの先っぽがもうこんなお姿に…。でもコレはコレで、細かい部分を塗るのにはとても便利なので、ニブを交換せずに愛用してたりします。
コピックさんはインク補充式なので、本体を買い替える必要はないのですが、インクの充填量で細かい濃淡の描き分けも出来るので、よく使う色は同色の物も何本かづつ揃えています。因みにコレは私が肌で使う2番目に濃い部分の色、E11。
※よくご質問を頂くので、私の(あくまで私の)コピックでの肌の仕上げ方を以下に。↓
このE11で最初にハッキリした影を塗り、更に濃い影にE04をちょこちょこ塗り重ね、それを一気に、肌の淡い部分の色・E51で上から溶かすようにボカして、全体を馴染ませます。その上からもう一度、E11で細かく陰影を足していって、最後にE21で濃淡を整えたら、肌の塗りは完成です。薄いE51で肌全体を塗る時も、一番明るい部分は塗らずに残しておきます。私がコピック作画に使う紙はBBケントなので、紙色自体がほのかなアイボリーですから、塗り残しが真っ白にはなりません。絵の雰囲気によっては「紙色が邪魔だな」って時もあるので、そういう時は全部塗り終わってからCGで紙色をトバします。それでもやっぱり、コピックにはBBケントが欠かせません(塗りながら紙の上でインク同士を馴染ませ易いので)。これはあくまで私の場合ですけど、「コピック使うの初めてでどうしていいか分からない」って方は参考になさってみて下さい。でもこの通りに塗ってみると、某峰倉さんのように非常にクドイ絵に仕上がる可能性大なのでお気をつけ下さい……。
by nitro_mine | 2007-04-09 00:00 | 近況日常趣味嗜好