World is 峰-mine-

nitroblog.exblog.jp

お芝居を観に行きたい。

コミックス関係のお仕事がのしかかって来ております…。なかなか日記も
書けなくてごめんなさい。その分コミックスの加筆修正もろもろ頑張ります。

仕事中(夜中)にかかっていた『ひぐらしのなく頃に』のアニメを見たら、何故か
無性に舞台劇の『室温〜夜の音楽』が観返したくなって、興味のないアシさん
達をよそに勝手にDVDかけてしましました(苦笑)。うーん、やっぱ好き。
ひぐらしの鳴き声と人間の裏表、見え隠れする狂気…という共通点からふいに
観たくなったのですね。
敬愛するケラリーノ氏(劇団ナイロン100℃)の脚本もさる事ながら
演出も素晴らしいのです。気が触れそうな蝉の鳴き声に、たまの名曲『安心』が
かぶる出だしだけでもう絶妙なのです。
  “ぼくの未来は火葬場の灰 おおきな生ゴミ 海の漂流物
   君の未来はおんなじさ ぼくら仲良く死んでくのさ”
この舞台劇『室温』の、たまのアルバム(一応サントラって事になるのかな?)も
勿論持ってますが、これはもう名作なのです。『室温』で歌った曲すべて収録
されているのですが、どれも名曲ですよねー。個人的には『ハダシの足音』が
一番好き。“仕舞い忘れたおしまいの夜に”という歌詞が物語をストンと納得させ
てくれる。たまが『出演者(歌う死者達の役)』として劇に音楽をからめてゆくのが
また絶妙です。
……なんだ、たまの話しかしてねえな(笑)
by nitro_mine | 2006-05-23 00:00 | 近況日常趣味嗜好