World is 峰-mine-

nitroblog.exblog.jp

高温多湿で傷みが早いナマモノ。

ここしばらく引き蘢ってお仕事しています、峰倉です。
ちょっとバタバタしているのであんまりツイッターにも現れませんが(それはいつも通り)、生きてます。大丈夫です。
とりあえず「●●が出ます」→出ないみたいな狼少年(ババア)状態を脱却するべく、できるだけ確定した段階でお伝えできるように気を付けていたら告知物が極端に減りました。ひとつずつ向き合って戦いたいと思います。
色々お待たせしていて申し訳ないのですが、溜まっていたお仕事と夏の刊行物をひと通り全部片付け、体調の方も鑑みる形で、
ゼロサム本誌の『最遊記RELOAD BLAST』の漫画は8月28日発売の10月号より、巻頭カラーで連載再開させて頂く事が決定しました。今からちょいちょい進めておりますので、何卒もう暫くお待ち下さいませ。

そんなこんなしているうちに、『文庫版 最遊記』の第2巻がとっくに発売となっておりますてゆうかもうすぐ3巻が出ます。
告知画像まとめて貼っておきます(横着)。
f0090822_13253438.jpg
f0090822_13401289.jpg
「コミックス実家に置いて来たから文庫で買い直してます」というお声が思いの外多く(あ、ソレはわかる…って共感)、また、文庫から新規で読んで下さっている方からのご感想も頂くようになり、新鮮でとても有り難いです。もう少し我慢して読んで頂けると5巻辺りでようやく絵が多少ですが安定してくるので()引き続きお付き合い宜しくお願い致します。

f0090822_13164910.jpg
長年漫画を掲載して頂いておりました雑誌、『ゼロサム増刊 WARD』が現在発売の号をもちまして休刊となりました。
私個人としても創刊からともに歩んで行く形で、『蜂の巣』からはじまり『最遊記外伝』完結まで、『最遊記異聞』、そして短い間ですが『WILD ADAPTER』移籍後掲載と、かなり自由奔放に愉しく描かせて頂く形でお世話になっていただけに、寂しい思いです。
お疲れ様でした、ありがとうございました。
今後『WILD ADAPTER』はゼロサムオンラインの方に移籍となり、今冬より新章の連載が再開となりますので、まずは7月のコミックス新刊の方をお楽しみ頂き、続きをしばしお待ち頂ければ幸いです。
「『最遊記異聞』や『天上の蟻』を再開するならどこで?」というご質問も頂いておりまして、コチラ編集長から「描ける時に描いてくれたらどこでも載せます」という有り難いんだか放牧なんだかわからないお言葉を頂いているので(いや有り難いんですが)、描ける時に描いてどっかに載っけて頂きたいと思います。
描きたい気持ちだけはいつも溢れんばかりにあるんだけれども。

f0090822_1454257.jpg
コミックス『WILD ADAPTER』第7巻につきまして、まだあまり画像が載せられないので口絵の一部をチラッと公開。
本文や特典物の入稿はあらかた済んだので(小冊子本文の進行中)7月の刊行は確定なのですが、特典物の店舗確定が遅れているそうで、すべての特典含む情報をまとめた物を7月上旬に別途UPしたいと思いますので、しばしお待ち下さい。
既に告知が出ている『アニメイト限定特装版』は、いつも通りの「小冊子付き特装版の上からもう1枚、描き下ろしカバーを巻いてお値段据え置き」という物です。描き下ろしのカバーは表紙が時任で裏表紙が久保田の対になってます。
また、コミックスと同時期に『WILD ADAPTERトレーディングカード』がムービックさんより発売されます。少し前に最遊記本編で2種、外伝で1種発売された物とほぼ同じ仕様ですので、紙やデザインが豪華なイラストカード全90種のトレカとなります。BOXパッケージ含め4枚ほどイラストを描き下ろしました。
こちらも店舗別の購入特典や、コミックス7巻との連動購入企画がございまして、それも近日中に詳細をまとめてご報告できればと思います。
あと、お待たせしているWILD ADAPTERのボーカルミニアルバムも進行しましたので、正式発売日も近日中にご報告させて頂きます。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

さて、先日こちらのブログにて募集させて頂いた、『三蔵一行&久保時のユニット名』につきまして。
すごく軽い気持ちで「なんかいいのないかねー?」とたずねてみたら思った以上に皆様が一緒に考えて下さり素敵なご提案を沢山頂き、逆にひとつを選ぶのが申し訳なくなってしまった次第です。
本当は全部をこちらで発表したくて一応ツイートのコピペを保存しているのですが、また「テキスト量が多過ぎます」って弾かれるの確定な程の文量になってしまったので、総評で失礼させて頂きます。

六人に共通するイメージやアイテムの単語を工夫して付けて下さっているユニット名を多く頂きましたが、やはりほぼほぼ以前の合同イベント『Dics&Guns』(通称・賽銃)のタイトルからもじった方がよいのでは?という意見がしめ、ストレートに『賽銃組』『チーム賽銃』といった物が圧倒的に多かったです(『D&G』ってお声もチラホラあったけどそれはドルチェ&ガッバーナに怒られそうです・笑)。

…そしてコレは私の責任なのですが、ツイッター上で「『Dice&Guns』で大豆でいいんじゃないですか」というリプが来たと言ってしまったばっかりに、それ以降は
「大豆最高です」
「大豆でいいと思います」
「大豆に一票」
「大豆を越えるものが思いつきません」
「もうどんなユニット名になっても彼らは大豆って呼ばれると思います」

というお声が大半をしめてしまいまして。
真剣に色々考えて下さった皆様に非常に失礼なのですが、ここは多数派のご意見を尊重して、
彼ら6人のユニット名(あくまで非公式)は普通に『チーム賽銃』
通称『大豆』
という事で宜しいでしょうか。カッコつけてもせいぜい『Die'z』だ。
f0090822_135954100.jpg
……というわけでお約束通り、代表して↑の直筆ミニ色紙を最初に『大豆』とリプ下さった方にお送りさせて頂きます。
でもスミマセンあまりに沢山リプ頂いてツイートが流れてしまったので、該当のフォロワーさんは自己申告でDMにてご住所をご連絡頂ければ幸いです……(汗)。

ちなみに頂いたご提案の中で、私が個人的に「おおぉ〜」と思ったのが
「『最遊記&WA、峰倉6人組』なので『S&W M6』」というご意見でした。そっかーちょうどスミス&ウエッソンになるのね。
by nitro_mine | 2015-06-19 00:01 | 仕事情報