World is 峰-mine-

nitroblog.exblog.jp

永い、好き。

f0090822_4332984.jpgアシスタントさん募集の記事、またちょっと上の方に持って来ました。今回に限らず慢性的に人手不足なので常時募集中です、宜しくお願い致します!

以下趣味話題。
浅見光彦シリーズ最新刊『神苦楽島』読みました〜。内田康夫先生におかれましては小説家デビュー30周年との事で、本当におめでとうございます!
浅見シリーズは全巻(ハードカバーからリニュ文庫版まで)所持している、かれこれ20年「隠れアサミスト」やってる私ですが、憧れの人は光彦坊ちゃま33歳ではなく、作家・内田康夫そのものでございます。
(そして榎木孝明氏は永遠のmy浅見っス)
それにしても新刊の帯の『浅見光彦、初体験す。』はどんな釣りですか。ビックリして思わず前月に出た『教室の亡霊』より先に読んじゃったんですけど…(笑)。

私が学生時代に無茶苦茶好きだった『五星戦隊ダイレンジャー』のリバイバルDVDシリーズが先月ようやく最終巻発売となりまして、今観ても色褪せないくらい好きだと再確認しました。もうアツイよ…全員が。熱過ぎて観終わった後こっちも若干疲れたぐらいだよ。ここまで血管浮かせまくりの戦隊モノって他にあるのだろーか。「企画会議で付けた仮タイトルそのまま使っちゃった」みたいなサブタイが毎回続く戦隊物があるだろーか(シャンゼリオンは戦隊じゃないしな)。
敵味方各人の演技も良い、放熱度がハンパない。あまりのヒートアップに全員どんどん演技が大きくなって行くのもまた魅力(笑)。ツッコミ処と暴走処が満載だし、ジンの最期とか鳥肌モンだし(ここの脚本、井上敏樹さんだったのか…!!納得)、導師のくだりは燃えるし、ラストの盛り上がりもアツイし、とにかく全員大好き。…あ、ザイドスも好き(笑)。何より「変身出来なくなった皆が命懸けで人間のまま戦う」名シーンも、十五年ぶり位に見られて幸せ。
懐かしい…というよりは、あぁ私の萌えの原点はここだ、と改めて思いました。名乗りシーンとかアクションとか抜きん出て格好良いよな〜思っていたら、マニアの間でも結構そういう評価が多くて嬉しかった。ツッコミ処が多いのは仕様ですよ!!
…それにしても学生時代の自分は大五に夢中でしたが、今見てもやっぱり大五に激しくときめいた。人間そう変わらないやね。
by nitro_mine | 2010-04-13 00:00 | 近況日常趣味嗜好