World is 峰-mine-

nitroblog.exblog.jp

『最フェス』物販ブースのご説明

昨夜、最遊記フェスタ公式サイトの方が更新されまして、物販の一覧が発表されましたので、それについてお知らせ致します。f0090822_1611160.jpg
こちらの写真は、峰倉が個人的に制作した、フェスタ販売用の100円ライターです。これ一度作ってみたかったんで超しあわせ。
事前発表の通り…峰倉は10年ぶりくらいに同人活動を3日間だけ解禁する運びとなりました。

ご存知の方も多いと思いますが、元々『最遊記シリーズ』や『久保時シリーズ』は峰倉の創作個人サークル『STUDIOバックギャモン』にて発表していた物でした。(よって、同人誌時代の絵を含めた初期画集のタイトルがBackgammonでした)
最遊記シリーズの原点でもあるSTUDIOバックギャモンが、会期3日間のみ復活…という、ひとつのイベント企画でございます。
…てか、この最フェスの企画段階の時から、ゼロサム担当氏に「STUDIOバックギャモン復活!とかやってよ」と言われてはいたのですが、まさか本当の事になるとは思っておらず、正式参加が決定するまで(それもほんの少し前に突然決まった)企画を何も考えていなくて頭真っ白になって、そこから地獄の日々がスタートしました(笑)。今は当然ながらすべての商品の制作が完了しておりますが、いや大変でした…。
STUDIOバックギャモンのすべての販売物は、公式サイト内のコチラ→STUDIOバックギャモン商品一覧にてご確認頂けます。
画像が多くて重いページになっちゃっててスミマセン(汗)

つい先日のサイン会の折もバックギャモンについての質問を沢山直接頂きましたので、詳細をここでお伝えします。
まず、昔バックギャモンで売っていた物の再販物はございません。…これはちょっと、諸事情により不可能となりました。事情は色々あるのですが、一番大きな事情は当時の原稿をほぼ全部紛失しているからというのがデカイです…(苦笑)。
次に、描き下ろしのイラスト及び漫画は一切ございません。…この条件で本を3冊も出そうという無謀な状況。書き下ろしは文章&小説のみとなっております。
「ぬり絵本」「小説本」はともかく、「プロット集」ってなんぞや、という感じでしょうが、そのまんまのプロットを掲載した本です。漫画になる前の状態のシナリオというか小説っぽい形状の物で、実際漫画になった時には削られた台詞やシーンもそのままの形で掲載してあります。超マニアックな一品ですが、漫画と見比べてみるとかなり面白いですよー。

元々STUDIOバックギャモンは、活動当時から「本よりグッズの品数が多い」という形態で活動していたので、そこも忠実に再現しました(笑)。値段も当時の「計算めんどいから全部100円均一」というスタイルを再現してます。
すべての商品のイラストは流用ですが、峰倉自身がすべて、再加工&デザインをイチからやり直した物をグッズにしております。
両面カラーのポストカードは、お好きな絵柄の物をお客さん自身に選んでいただけるように「どれでも3枚セットで100円」という販売形態にしました。……が、48種類という馬鹿みたいな数で作ってしまった為「ここまで多いと選ぶのも面倒だから全部まとめてくれ」という方の為に、48種全部入った『全部セット』もご用意させて頂きました。全部セットは(48種÷3枚=16セットなので)1600円になります。

また、バックギャモンでのお買い上げ500円ごとに1枚、最遊記キャラクターの『複製名刺』がプレゼントとなります。これは「キャラクターが名刺を持っていたら」と仮定して作ったひどくバカバカしい物ですが(笑)実物を手にするとちょっとワクワクする感じですよ(笑)。特に最高僧の名刺なんて、名刺ジャケンやったら絶対勝てますんで。裏には、各キャラのイラストがカラーで印刷されてます。会場では裏面の絵も見られるように掲示しておきます。全7種で、お好きなキャラの物をお選び頂けます(重複選択も可)。

お客様にどれほどの人数いらして頂けるのか、私にはさっぱり見当がつきませんが、もしも万が一、沢山のお客様にご来場頂けた場合、売り場が混雑する可能性もございます。なにせ商品数が多いので…。なので、ご来場をご予定の方は、コチラの商品一覧にてある程度の目処をつけておいて頂けると大変助かります。当日、いらっしゃったお客様全員に、この全商品見本の印刷されたフルカラーチラシも配布させて頂きます。

最遊記フェスタの物販コーナーでは、STUDIOバックギャモンとは別に、各企業様が別途公式グッズの販売もしております。一迅社、ムービックさん、コスパさんの計3社が参加で、どれも最フェスの為に作ったオリジナルグッズの販売となります。パンフレットとかTシャツ・パーカー、バッグやカレンダー等々、すごい色々ありますよー。
公式グッズの商品一覧は、公式サイト内の→コチラにてご確認頂けます。(全部の写真が載っているワケではないので、注意!!例えばコスパさんのクッションカバーは外伝キャラの物もあります)

…と、ここまで物販商品の事をつらつらと書きましたが、あくまでこのイベントの本分は原画展ですし、入場自体は無料ですので、まったくお金を使わずにすべての原画展示をお楽しみ頂けます。
いらして頂けるだけ、それだけで嬉しいのです。
…あ、こういう事あんま言っちゃダメなのかな…(笑)。
by nitro_mine | 2009-10-24 16:10 | 最遊記フェスタ情報